「季節の変わり目が断捨離のチャンス!!」冬になる前に残す服、捨てる服

f:id:noanoblog:20211024225810j:plain

こんにちは、ミニマリストになりたいアラサーOLのあです。

 

澄み切った青い空に、洗濯日和の日差し、そんな日は絶好の洗濯日和で衣替えにぴったりです☀️衣替えのついでに、今まで着ていた服を見直して、不要なものを断捨離しちゃいましょう🤩

季節の変わり目、今がチャンス!冬を越す服、捨てる服の見極め方をご紹介します。

 

厳しい日差しを乗り越えた服は、基本処分!

夏の強い紫外線を浴びた服は、洗濯回数を重ねる度にさらに傷んでいきます。特に色が白いTシャツ、ブラウス、タンクトップなどは一年限りと割り切って処分してみるのも方法の一つです。

 

靴下、下着類は基本処分!

靴下は破れたら捨てる人もいますが、毎月日替わりで靴下を履いていたとしても、よく見ると生地が薄くなっていたり、ヨレヨレになっていたり、匂いが、、、、、という場合が多いです。「季節の変わり目に下着類は処分する」というルールを決めてしまうのも方法の一つです。

 

羽織系のカーディガンなどはケースバイケース

着る回数が少なく、色落ちしていないカーディガンなどは襟元、ボタン、ヨレなどを総合的にみて野暮ったくなっていなければ来年用に保管するのもありです。

 

パジャマ、ルームウェアはケースバイケース

しっかりとした生地のルームウェアの場合は、翌年も着ることができるくらいの質が保たれていることがあります。もしヨレっとしていたり、汚れていたりした場合は処分する目安にするのもありです。